Profile of 木下 隆也 -Ryuya Kinoshita- クラシックアコーディオニスト

profile

木下 隆也  -Ryuya Kinoshita-

1980年、北九州市生まれ。アコーディオニスト。
イタリア国立バーリ音楽院アコーディオン科卒業。アカデミックディプロマレベル2(Diploma Accademico secondo livello)を取得。
2010年、イタリアで行われたアコーディオンコンクール(Giovani musicisti 2010)において、第1位受賞。
アコーディオンをフランチェスコ・パラッツォ、シュテファン・フッソング、マッティ・ランタネン、ミカ・ヴァイリネンらに師事。
ソフィア・グバイドゥーリナやルチアーノ・ベリオ、クシュシトフ・オルチャック、細川俊夫らの作品に影響されながらアコーディオンの新たな音楽性を模索。
また、イタリアのアコーディオンメーカー”ゼロセッテ社”と共に、新たなアコーディオンの開発も行っている。
近年は、藤枝守氏(作曲家、九州大学教授)らと共に筥﨑現代音楽祭、アースリズムアンサンブル オブ フクオカ、などの音楽活動を行いながら、”現代音楽”と"九州という土地のもつ文化や歴史"の融合を試みている。
現在、平成音楽大学アコーディオン講師。
クラシックアコーディオンラボ(福岡アコーディオン教室)主宰。
アコーディオン情報誌「紙のアコーディオン」企画、監修。

kinoshitamein.jpg